ログイン
米国株
2021年9月23日 19時30分
特集

利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 32社選出 <成長株特集>

本特集では、7月下旬から8月中旬までの決算発表集中期間に配信した「利益成長“青天井"銘柄リスト」を、“全期間”を対象に再構成した総集編をお届けします。「第1弾」(9月16日)、「第2弾」(9月20日)に続き、今回は時価総額50億円以上800億円未満の東証1部銘柄を対象に、21年4-6月期に四半期ベースの過去最高益を更新し、かつ今期も最高益を見込む、いわゆる利益が“青天井”状況になっている銘柄をリストアップした。

下表では、本決算月にかかわらず、4-6月期に経常利益が全四半期ベースの過去最高益を更新した銘柄をピックアップ。さらに、会社側が今期(通期計画)も過去最高益見通しを示している32社を選び出し、4-6月期の過去最高益に対する上振れ率が大きい順に記した。

上振れ率トップとなったのは、自動車ディーラーのVTホールディングス <7593> 。21年4-6月期(第1四半期)の経常利益は過去最高益を2.5倍も上回る97.2億円に急拡大して着地。新車、中古車ともに販売台数が新型コロナ感染拡大の影響で落ち込んだ前年同期から回復した。また、保有する持ち分法適用会社KeePer技研 <6036> 株式の一部売却に伴い、売却益70億円を計上したことも利益を大きく押し上げた。

2位の国際紙パルプ商事 <9274> は昨年7月に買収した仏紙製品卸大手アンタリスの業績が加わったことに加え、中国事業の再構築が順調に進み販売数量が大幅に回復したことなどで、海外部門の収益が急改善した。また、製紙原料の価格上昇も追い風となり、4-6月期(第1四半期)の経常利益は10四半期ぶりに過去最高益を達成した。

3位のイーグランド <3294> はコロナ禍における中古住宅需要の高まりを背景に、主力の中古住宅再生事業で居住用物件の販売件数が大幅に増加し、4-6月期(第1四半期)は売上高、経常利益ともに過去最高を更新した。決算と同時に発行済み株数の5.5%を上限とする自社株買いの実施を発表したほか、今月10日には中間配当を大幅増額修正するなど、積極的な株主還元姿勢も評価され、株価は青空圏を走っている。

4位のTOWA <6315> は中国や台湾を中心に半導体関連の設備投資が活発化するなか、主力のモールディング装置や半導体製造用精密金型の販売が大きく伸びた。また、工場稼働率の改善に加え、コンプレッション装置などの付加価値の高い製品が好調だったことも追い風となり、4-6月期(第1四半期)は43四半期ぶりに最高益を更新した。半導体関連では、電子部品・製造装置商社のダイトロン <7609> が11位、半導体製造装置向けピラフロン製品を手掛ける日本ピラー工業 <6490> が12位、半導体・液晶製造装置向けを主力とする非鉄金属商社の白銅 <7637> が16位にそれぞれリスト入りしている。

5位に入ったジェイリース <7187> の4-6月期(第1四半期)は、主力の家賃債務保証業務で新規顧客の獲得や既存契約からの継続保証料収入が増加したほか、成長領域として注力する事業用保証が大きく伸びた。また、与信審査・債権管理業務の強化による貸倒コストの抑制や債権管理業務コストの削減も利益拡大に貢献した。15日には早くも今期2回目となる22年3月期通期業績の上方修正に踏み切り、株価は上場来高値を更新中だ。

続く6位にリスト入りしたアルコニックス <3036> の4-6月期(第1四半期)は、IT・半導体関連向けの電池・電子材料が好調だった。また、自動車需要の急速な回復を背景にレアメタル・レアアースや銅スクラップの販売も大きく伸び、経常利益は34.8億円(前年同期比2.8倍)と10年ぶりに過去最高益を塗り替えた。

7位の資源リサイクル大手エンビプロ・ホールディングス <5698> は鉄スクラップ価格が急上昇したことに加え、産廃物処理受託の値上げ効果や生産工程の効率化なども寄与し、4-6月期(第4四半期)は2四半期連続の最高益更新を遂げた。併せて発表した22年6月期の経常利益は前期比13.6%増の28.5億円と2期連続で最高益を更新する見通しだ。

10位にリストアップされた藤倉コンポジット <5121> の4-6月期(第1四半期)は、産業用資材事業で自動車部品の受注が回復したほか、半導体や医療関連向け制御機器が大きく伸びた。また、スポーツ用品事業では自社ブランドのゴルフ用カーボンシャフトが国内や北米で好調が継続し、経常利益は実に14年ぶりの最高益と大復活を遂げた。併せて22年3月期通期の同利益を16期ぶりの最高益見通しに大幅上方修正したことも好感され、株価は約3年4ヵ月ぶりの高値圏に急浮上している。

13位の再生アルミ地金大手である大紀アルミニウム工業所 <5702> の4-6月期(第1四半期)は、主要顧客である自動車メーカーの生産回復で需要が増加したことに加え、アルミ製品と原料の価格差が拡大したことも利益を押し上げた。好調な業績を踏まえ、17日に22年3月期配当予想を大幅増額修正したことも評価材料となり、株価は上場来高値1910円まで上値を伸ばしている。

┌─ 四半期 経常利益 ─┐ ┌── 通期 経常利益 ──┐ 予想

コード 銘柄名     上振れ率 4-6月期 過去最高 上振れ率 今期予想 過去最高  PER

<7593> VTHD      153  9726   3844   61.4  16100   9976  6.0

<9274> 国際紙パルプ   80.6  1797   995   62.0   5000   3086  5.8

<3294> イーグランド   68.1   765   455    7.9   1440   1335 10.3

<6315> TOWA     66.4  2716   1632    120   9100   4131 10.8

<7187> ジェイリース   43.4   443   309   78.9   1630   911 16.9

<3036> アルコニクス   40.7  3487   2478   10.8   8800   7939  6.8

<5698> エンビプロ    38.1  1041   754   13.6   2850   2508 13.3

<4251> 恵和       30.7   604   462    115   2141   996 30.5

<7905> 大建工      30.6  4703   3601   25.3  13900  11089  8.1

<5121> 藤コンポ     26.5  1221   965   11.0   3000   2703  7.5

<7609> ダイトロン    23.4  1478   1198    7.2   3850   3592  9.9

<6490> ピラー      22.9  2380   1937   52.2   8000   5255 11.7

<5702> 大紀ア      20.2  5578   4640   60.3  14500   9046  6.8

<4671> ファルコHD   17.9  1335   1132    5.2   3000   2853 10.4

<6050> イーガーディ   16.9   532   455   30.1   1795   1380 28.6

<7637> 白銅       15.6  1030   891    9.8   3500   3188 15.9

<2475> WDB      13.8  1727   1517    0.3   5260   5243 22.0

<4687> TDCソフト   13.2   847   748    0.2   2570   2564 20.1

<8014> 蝶理       13.1  2876   2543   15.1  10000   8685  7.0

<4362> 日精化      12.3  1426   1270    8.3   4500   4154 18.8

<9384> 内外トランス   11.6   914   819   97.5   3270   1656 10.8

<3179> シュッピン    11.4   702   630   15.6   2005   1735 19.1

<3457> ハウスドゥ    10.8  1339   1209    4.9   3150   3003  9.2

<3925> ダブスタ      5.9   452   427   53.6   1710   1113 45.6

<3666> テクノスJ     5.1   373   355   10.1   1055   958 17.0

<5757> CKサンエツ    4.9  2575   2455   10.2   6500   5897  6.7

<4743> ITFOR     4.8   987   942   12.2   2600   2317 12.9

<3319> GDO       3.7   731   705   17.6   1440   1225 31.0

<9304> 渋沢倉       2.8  1307   1271    0.4   4200   4182 13.1

<4462> 石原ケミ      2.1   691   677   27.3   2400   1885 12.2

<3939> カナミックN    0.9   219   217   18.3   800   676 53.4

<7173> 東京きらぼし    0.4  4417   4400    3.8  15000  14453  4.8

※ 2020年1月以降に上場した企業と今期見通しを開示していない企業は除いた。四半期の過去最高益は原則、四半期決算の開示が本格化した2003年4-6月期以降の業績に基づいたものです。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 35社選出 <成長株特集> (09/20)
  2. まだ間に合う、9月配当【高利回り】ベスト30「東証1部」編 <割安株特集> (09/23)
  3. ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月24日)
  4. ★本日の【イチオシ決算】 ノリタケ、ホトニクス、三益半導 (9月24日)
  5. 10万円以下で買える、連続増益&低PER 22社【東証1部】編 <割安株特集> (09/24)
  6. リスクオンなき日本株・上昇相場の正体 (09/22)
  7. 来週の決算発表予定 スギHD、しまむら、ニトリHDなど (9月27日~10月1日)
  8. 上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第2弾〕 <成長株特集> (09/12)
  9. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月22日版
  10. 現物株担保の信用買いでも、コロナ暴落で「追証なし」の技 (09/24)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    空前の爆需第2幕へ、半導体株最強シナリオ「覚醒する10銘柄」を追え <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    発表迫る、低PERの22年3月期【上方修正】期待リスト〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
  3. 3
    決算プラス・インパクト銘柄 【東証1部】 … ディスコ、ベクトル、テラスカイ (10月15日~21日発表分) 特集
  4. 4
    【今週読まれた記事】加速する進化“医療DX”が導く大相場の未来 特集
  5. 5
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (10月21日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.