ログイン
2021年6月11日 8時22分
市況

株価指数先物【寄り前コメント】 SQ値で2万9000円を捉えてくるかが注目される

大阪9月限ナイトセッション

日経225先物 28910 -10 (-0.03%)

TOPIX先物 1950.0 -1.5 (-0.07%)

シカゴ先物 28940 +20

(注:ナイトセッション、CMEは大阪の日中終値比)

10日の米国市場ではNYダウ、S&P500、ナスダックの主要な株価指数が上昇。注目されていた5月の米消費者物価指数(CPI)は市場予想を上回る伸びとなったものの、金融当局による緩和政策に変更を与えるものではないとの見方が高まった。足元で利益確定の売りに押されていた景気敏感株が買い戻されたほか、CPI通過後に長期金利はいったん上昇するものの、その後低下したことによりハイテク株への物色に向かわせた。S&P業種別指数は医薬品・バイオテクノロジー、ソフトウエア・サービス、ヘルスケア機器・サービスが上昇する一方、銀行、耐久消費財・アパレル、各種金融が下落。

シカゴ先物清算値は日中大阪比20円高の2万8940円だった。日経225先物のナイトセッションは日中比60円安の2万8860円で始まり、その後につけた2万8840円を安値に切り返すと、米国市場の取引開始時には一時2万9110円まで上昇幅を広げた。買い一巡後は利益確定の売りに押される格好から上げ幅を縮めており、2万8950円~2万9000円辺りでの保ち合いを経て、2万8910円で取引を終えた。CPIに対する市場反応は予想されていたものであり、ひとまず安心感につながりそうだ。足元では異常なほど神経質だったこともあって、アク抜け感も高まりやすいところ。これによりメジャーSQは波乱なく通過することになりそうだ。

SQに絡んだ商いについては差し引きで買い越しが見込まれており、SQ値で2万9000円を捉えてくるかが注目される。5月末以降、上値抵抗線として機能している75日移動平均線は2万9000円に位置していることで、SQ通過後の需給面の軽さからも、保ち合いを上放れてくる展開が期待される。もっとも、SQ値が心理的な抵抗となってしまうようだと、少なくとも来週の連邦公開市場委員会(FOMC)を通過するまではこう着感の強い状態が続くことになりそうだ。

なお、VIX指数は16.10とボトム圏での推移が継続。また、昨日のNT倍率はリバランスから先物中心限月で14.80倍と上昇していたが、長期金利の低下を受けたハイテク株への物色が見込まれるなか、ボトム圏からの一段の上昇を意識させそうである。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月11日記)
  2. 前場に注目すべき3つのポイント~CPI消化で29000円を中心としたもち合いレンジ.. (06/11)
  3. <必見> 寄り付き直前チェック・リスト! (06/11)
  4. 今朝の注目ニュース! ★アイモバイル、神島化、ラクスルなどに注目! (06/11)
  5. 本日注目すべき【好決算】銘柄 アイモバイル、ラクスル、神島化 (10日大引け後 発表分)
  6. 強弱材料:6/11
  7. 億トレ3人から学ぶ! バリューorグロースで長期分散の勝ち技 <上> (06/10)
  8. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 35社選出 <成長株特集> (06/10)
  9. 10日の米国市場ダイジェスト:NYダウ19ドル高、長期金利低下でハイテク株に買い (06/11)
  10. 本日の決算発表予定 … 神戸物産、HIS、カラダノートなど 58社 (6月11日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 35社選出 <成長株特集> 特集
  2. 2
    富田隆弥の【CHART CLUB】 「煮詰まる相場、放れに従う」 市況
  3. 3
    コロナ禍の陰で受診控え急増、出動本番の「医療ICT関連」特選7銘柄 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    決算プラス・インパクト銘柄 【東証1部】 … ラクスル、アイモバイル、アセンテック (6月4日~10日発表分) 特集
  5. 5
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.