ログイン
2021年1月25日 11時15分
特集

ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (34)有望成長銘柄は決算や業績修正から発掘しよう!【市場マップ】

アンテナを張り巡らせて、埋もれた成長銘柄をキャッチ!

横山利香(ファイナンシャルプランナー、テクニカルアナリスト)

◆いち早く潮目の変化をとらえるために

個人投資家のみなさん、こんにちは! 株が大好き、認定テクニカルアナリストの横山利香です。

米国では2020年11月の大統領選挙以降、トランプ支持者による前代未聞の連邦議会議事堂への乱入などさまざまなことがありましたが、1月20日にバイデン氏の大統領就任式が行われました。短いようで長かった4年にわたる異例づくしのトランプ時代を終え、共和党から民主党へと政権が引き継がれました。一方、世界では新型コロナウイルスの感染が再び拡大しています。ウイルスに果敢に立ち向かう姿勢をアピールしたい各国の政府にとって、景気回復の先行きが不透明であるだけに、株式市場の上昇だけが頼りの綱といったところではないでしょうか。

日本に目を移すと、2020年の大納会を日経平均株価が2万7000円台で終えただけでも凄いことだと思っていましたが、年が明けて1月14日には2万9000円にあと21円まで上昇しています。30年5カ月ぶりの高値ということですが、オンライントレードの登場以降に株式投資を始めた個人投資家の多くは株券すら見たことがない人達ではないでしょうか(株券の電子化は2009年1月に実施されました)。30年ぶりの高値といわれても、当時の相場の盛り上がりを知らない投資家には実感など持てるはずもなく、「あー、そうなんですかー」という感じでしかないでしょうね!

日米ともに株式市場は高値圏にあり、個人投資家の気になることといえば、「この相場はいつ天井を迎えるのだろうか?」そして「2021年の人気セクターや銘柄は何か?」といったところでしょう。

株価は常に将来を織り込んで動きます。マーケットの潮目が何をきっかけに変わるのか、そして、どのセクターや銘柄に投資家の注目が集まっているのか、常にアンテナを張り巡らせておかなければなりません。そこで今回は、マーケット全体や個別銘柄の動きをいち早く察知するために、どのコンテンツを見て、どのように活用したらよいのかについて解説していきます。

次ページ:5日間の決算・業績修正を俯瞰する

<    >

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 「株探」の歩き方 ―(33)短期売買も長期投資も、バリューもグロースも、.. (12/15)
  2. 横山利香のゼロから始める「株探」の歩き方 <全シリーズ一覧>
  3. 業績回復が株価に反映される見極めの方法は ― 和島英樹 (01/24)
  4. 「できるだけ高く」と思ううちに、売り時を逃してしまうのはなぜ? ⇒ エンダ.. (01/22)
  5. すご腕投資家リバモさん。「『5秒で決断』『早すぎる利確 & 逃げ遅れを防止』.. (01/15)
  6. 大川智宏の「グロース・トラップに引っかかるな! 割高でも強い『真の成長株』.. (01/13)
  7. グロース優位で心地よい状況は続くと見るも、局面転換に備えバリューにも気を.. (01/03)
  8. 頑張り投資家IPPOさんの「ラッシュそしてダッシュの12月、でも2年前の大ヤラレ.. (12/04)
  9. 清水香の「シリーズ年金を増やす! ②『脱サラしたときに覚えておきたいこと』 (01/21)
  10. 大槻奈那の「だからあなたは損をする~心理バイアスの罠にはまらない技」 <全シリーズ>

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月14日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★JMACS、ロゼッタ、関通などに注目! New! 注目
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (04月14日) 注目
  4. 4
    コロナ禍のリモート作業に効果、キラリと光る「スマートグラス関連株」 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    12日の米国市場ダイジェスト:NYダウ55ドル安、インフレ上昇を警戒 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.