ログイン
米国株
2021年1月1日 13時00分
特集

植木靖男が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画>

「一大金融相場が持続、年後半に緩やかに騰勢」

●ウイルスとの戦いに縛られる金融・財政政策

新年相場をどう読むか。それには、まず前年つまり2020年の相場のトレンドとその要因を精査することが肝心である。

振り返ると、20年はトレンドからみると、大雑把に前半安と後半高に分けられる。前半(1~3月)は、いうまでもなく新型コロナウイルスの感染拡大懸念という想定外の突発要因によって、経済的に供給と需要が一気に消失するというアクシデントに見舞われた。

実質GDP(国内総生産)は4-6月期に前期比年率換算で28.1%減とリーマン・ショック時を上回るマイナス成長となった。このため、財政・金融政策を総動員して資金供給に走り需要の回復を図った。

幸い、4-6月期を底に景気は回復に向かい、株式市場も反騰のきっかけをつかんだ。株式市場は膨大な資金供給で歴史的な金融相場を示現しつつあった。一方で、世界的な財政、金融政策による資金供給で金利が低下、マイナス金利が常態化した。

こうした背景の下、世界の株式市場は実態経済との乖離が問題視されるほど上昇した。

では、新年相場はどうか。ひとえに20年の過剰流動性相場が持続するのか、にかかる。この解は、コロナ感染拡大がワクチンの実用化で収束するのかがカギだ。コロナウイルスも生き延びるために必死である。人類が対策に走れば走るほど、ウイルスも感染能力を高めた変異種が出現するなど姿を変え、対抗を強めていく。

だとすると、新年もウイルスと人類の戦いは深刻化し、対立を深めるのではないか。

結果として、先進国の財政・金融政策はこれまで通り、“命が大事”とばかり、財政・金融政策に依存せざるを得ない。仮に経済が正常化に向かうとしても、先進国政府はコロナ拡大を恐れて、この政策から脱却しようとするほどの度胸は持ち合わせていないようにみえる。

●金利動向によりセンシティブに

だとすると、新年相場は20年も同様、一大金融相場が持続するとみてよさそうだ。

もちろん、相場である以上、人気が行き過ぎれば自律反落で10%程度の下落は年前半には予想されるが、あくまでも上昇途次の反落である。したがって、年を通じてみれば新年は上昇基調が継続するというシナリオしか選択肢はないのである。

かくして、新年は具体的には20年と同じく年前半は日経平均株価で2000~3000円の自律反落が予想されても、年後半はコロナ拡大懸念というマイナス材料を抱えることで急上昇とはいかず、緩やかな騰勢を続け、秋頃には2万8000円~3万円処の高値を示現するものと予想する。

この間、景気や企業収益の動向が株価の先行指標として意識されるのは常。そのカギを握るのは景気の体温ともいうべき金利動向だ。これまで以上にセンシティブであるべきだろう。

さて、21年の物色動向をどうみたらよいか。期待できそうな10銘柄をピックアップした。

◆植木氏のお薦め「2021年ポートフォリオ10銘柄」

・タカラバイオ <4974>

コロナ禍のもと、PCR検査試薬や医薬品受託が好調。

・日立造船 <7004>

脱炭素を目指す中、水素発生装置に期待。株価大転換へ。

・レノバ <9519>

再生可能エネルギーが注目される中、太陽光、バイオマス、風力発電など幅広く展開。

・アサヒホールディングス <5857>

世界的に通貨価値が下落するトレンドでは、金の価格は逆に上昇する。

・ブイキューブ <3681>

コロナ感染拡大でオンライン説明会、Web会議などが拡大。

・日本郵船 <9101>

中長期的に世界経済が回復する中で、そのトレンドに物流は連動する。中国の景気回復に期待。

・住友金属鉱山 <5713>

景気敏感株の一角。ニッケルで世界メジャー入りを目指す。国内唯一の高品位金鉱山を有する。

・NTTデータ <9613>

システム開発専業で国内最大手。大規模開発に強み。海外進出も急。中央官庁、銀行向けなどを得意とする。

・住友電気工業 <5802>

、アルミなどを原料に自動車部品のワイヤーハーネスでは世界シェア大手の一角。光ケーブルでも強み。

・三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306>

約40年に及ぶ金利低下が新年は大転換の見通し。収益改善への期待が高まる。

2020年12月29日 記

★元日~4日に、2021年「新春特集」を一挙、“25本“配信します。ご期待ください。

→→ 「新春特集」の記事一覧をみる

⇒⇒★株探プレミアム会員限定「新春スペシャルオンラインセミナー」を1月13日~15日に開催します。

⇒⇒詳細はこちらから  https://seminar.kabutan.jp/seminar/211/

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 村瀬智一が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  2. 和島英樹のマーケット・フォーキャスト【新春スペシャル】 <新春特別企画> (01/02)
  3. 北浜流一郎が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  4. 杉村富生が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  5. 雨宮京子が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  6. 新年お年玉「日本版GAFAMを狙う最強布陣8銘柄」 <新春特別企画> (01/02)
  7. 「ウィズコロナで10年に一度の変革期!スター銘柄を発掘する3つの方法」<新春.. (01/01)
  8. 2020年【値上がり率】年間ランキング ベスト50 <年末特別企画> (12/31)
  9. 2020年【値下がり率】年間ランキング ベスト50 <年末特別企画> (12/31)
  10. 2020年【株式市況早わかり】30年ぶり高値に浮上、コロナ大波乱も経済再生期待の.. (12/31)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    突き抜ける日本の技術力、「パワー半導体」大潮流に乗る5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    レーティング日報【格上げ↑】 (9月21日) 特集
  3. 3
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (9月22日) 特集
  4. 4
    利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 35社選出 <成長株特集> 特集
  5. 5
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月22日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.