ログイン
2020年9月29日 20時00分
注目

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月29日発表分)

【好材料】  ――――――――――――

■ジーエヌアイグループ <2160> [東証M]

肝線維症治療候補薬「F351」第2相臨床試験の最終報告会が上海で開催。F351が肝線維症患者にとって安全かつ効果的であると結論づけた。

■クシム <2345> [東証2]

子会社イーフロンティアが静止画やビデオテープの動画をデジタルリマスターで綺麗に蘇らせる「AI リマスター」サービスを開始。

■ウェッジホールディングス <2388> [JQG]

タイで子会社Group Lease PCLに対してJトラスト <8508> [東証2]傘下のJTrust Asiaが提起した会社更生申立訴訟(控訴審)に勝訴。

■ウェルネット <2428>

名古屋空港連絡バスのチケットレスサービスを開始。バスもり!上で回数券が購入できるスマホ回数券サービスを提供。

■インフォマート <2492>

グルメSNS「シンクロライフ」を運営するGINKANと飲食業界のマーケティング支援で協業。

■ピックルスコーポレーション <2925>

上期経常が26%増益で着地・6-8月期も33%増益。

■DCMホールディングス <3050>

上期経常は79%増益で着地、今期配当を2円増額修正。

■ハイパー <3054>

テンダと販売代理店契約を締結し、マニュアル自動作成ソリューション「Dojo」の取り扱いを開始。

■J.フロント リテイリング <3086>

上期税引き前を赤字縮小に上方修正、通期も増額。

■バイク王&カンパニー <3377> [東証2]

今期経常を2.3倍上方修正。

■歯愛メディカル <3540> [JQ]

韓国に歯科関連通信販売事業を展開する合弁会社を設立。

■電算システム <3630>

エクサウィザーズが提供する高性能AIによるFAQ検索エンジン「Qontextual」の取り扱いを開始。

■グリー <3632>

発行済み株式数(自社株を除く)の8.9%にあたる2000万株(金額で120億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は10月1日から21年9月22日まで。

■Ubicomホールディングス <3937>

エッジAIプラットフォームを提供するIdein社のパートナープログラムに参画。

■マネーフォワード <3994> [東証M]

20年11月期第4四半期に投資有価証券売却益3.2億円を計上する。

■BASE <4477> [東証M]

Eコマースプラットフォーム「BASE」のネットショップ開設数が120万ショップを突破。

■JCRファーマ <4552>

先駆け審査指定制度の対象品目に指定されている血液脳関門通過型ハンター症候群治療酵素製剤「JR-141」の国内製造販売承認を申請。

■ラウンドワン <4680>

オンラインクレーンゲーム事業に参入する。

■リソー教育 <4714>

ヒューリック <3003> 、コナミスポーツと業務提携。同一ビル内での子ども向けワンストップ・サービスの業態開発で協業する。ヒューリックとは資本提携も締結。

■サイボウズ <4776>

8月売上高は前年同月比16%増の12.6億円、営業利益は同16%増の3.1億円。

■リプロセル <4978> [JQG]

4-6月期(1Q)経常は赤字縮小で着地。

■昭和ホールディングス <5103> [東証2]

タイで子会社Group Lease PCLに対してJトラスト <8508> [東証2]傘下のJTrust Asiaが提起した会社更生申立訴訟(控訴審)に勝訴。

■トレンダーズ <6069> [東証M]

東証が30日売買分から信用取引の臨時措置を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

■グローバルキッズCOMPANY <6189>

東証が30日付で貸借銘柄に選定。

■バーチャレクス・ホールディングス <6193> [東証M]

非開示だった今期経常は黒字浮上へ。

■Kids Smile Holdings <7084> [東証M]

ヒューリック <3003> と教育事業で業務提携。

■小糸製作所 <7276>

上期経常を70億円に上方修正、通期も増額。

■ヒマラヤ <7514>

今期経常は黒字浮上、5円増配へ。

■ハピネット <7552>

映画配給などを手掛けるファントム・フィルムの株式を取得し子会社化する。

■スギホールディングス <7649>

上期経常が23%増益で着地・6-8月期も28%増益。

■フランスベッドホールディングス <7840>

ロングライフホールディング <4355> [JQ]子会社で福祉用具の販売・レンタルを手掛けるカシダスの全株式を取得し子会社化する。

■ピープル <7865> [JQ]

上期経常が56%増益で着地・5-7月期も2.9倍増益。

■ケーヨー <8168>

今期経常を92%上方修正。

■NECキャピタルソリューション <8793>

米国でテレコム機器リース・ファイナンス事業などを展開するNEC Financial Servicesの全持ち分を取得し子会社化する。取得価額は26.3億円。

■NTTドコモ <9437>

NTT <9432> がTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化を目指す。TOB価格は1株3900円で29日終値を21.4%上回る水準。買い付け期間は9月30日から11月16日まで。

【悪材料】  ――――――――――――

■YE DIGITAL <2354> [東証2]

上期経常は29%減益で着地。

■パレモ・ホールディングス <2778> [東証2]

非開示だった今期最終は赤字転落、未定だった配当は9円減配。

■デュアルタップ <3469> [東証2]

非開示だった今期経常は13%減益へ。

■岡山製紙 <3892> [JQ]

6-8月期(1Q)経常は37%減益で着地。

■住友精密工業 <6355>

4-6月期(1Q)最終は赤字転落で着地。

■ASTI <6899> [東証2]

非開示だった今期経常は90%減益へ。

■ジャパンインベストメントアドバイザー <7172> [東証M]

今期経常を10%下方修正。

■五洋インテックス <7519> [JQ]

4-6月期(1Q)最終は赤字拡大で着地。

■明和産業 <8103>

非開示だった今期経常は36%減益へ。

■ヤマシタヘルスケアホールディングス <9265>

6-8月期(1Q)経常は34%減益で着地。

【好悪材料が混在】 ―――――――――

■グッドコムアセット <3475>

10月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施。今期配当を7円増額修正。一方、20年4月末をもって株主優待制度を廃止する。

■モーニングスター <4765> [JQ]

東証が10月19日付で市場1部または2部に市場変更する。一方、570万株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限184万1000株の売り出しを実施するほか、自己株処分による108万1000株の公募と既存株主による550万株の株式売り出しを行う。

■ジャステック <9717>

今期経常を6%下方修正、配当は50円増額。

※9月29日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む

[2020年9月29日]

⇒⇒ プレミアム専用 和島英樹の「明日の好悪材料Next」 はこちら

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 明日の株式相場に向けて=ドコモTOBの波紋、菅政権の“本気”を暗示 (09/29)
  2. 秋のIPO最前線を探る、10月も需給良好で株高人気継続へ <株探トップ特集> (09/29)
  3. 「量子コンピューター」が4位、究極の次世代テクノロジーに世界が覇権競う.. (09/29)
  4. ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月29日)
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):NTTドコモ、しまむら、ラクーンHD (09/29)
  6. 和島英樹の「明日の好悪材料Next」~第18回 (09/27)
  7. 「東京五輪」復活の風、「イベント・スポーツ関連」秋高候補総ざらい <株探ト.. (09/28)
  8. 上方修正“先回り”、21年2月期【業績上振れ】候補リスト <成長株特集> (09/27)
  9. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (9月29日)
  10. 明日の決算発表予定 レオパレス、アダストリアなど16社 (9月29日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    明日の決算発表予定 アンジェス、キヤノンなど30社 (10月23日) 市況
  2. 2
    リベンジ!個別材料株、晩秋に燃え上がる成長シナリオ「厳選5銘柄」 <株探トップ特集> New! 特集
  3. 3
    【今週読まれた記事】デジタル・ロードマップを駆ける“両輪” DX&サイバー防衛 特集
  4. 4
    国内株式市場見通し:日経平均は一進一退の動きが継続へ 市況
  5. 5
    利益成長【青天井】銘柄リスト〔6-8月期〕 21社選出 <成長株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.