ログイン
2020年9月26日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「膠着からの放れ足」

◆9月の米国株は調整を強めている。23日現在、NYダウ平均は9月3日の高値2万9199ドルから安値2万6715ドルまで8.5%、ナスダック総合指数は2日の高値1万2074ポイントから安値1万0519ポイントまで12.8%の下落だ(ザラバ値)。日足チャートを見ると、どちらも25日移動平均線と下値抵抗線を割り込み「陰転」を暗示している。

◆バロンズ誌によれば、秋に相場が不安定になる背景にはユダヤ教の言い伝えがあるという。「ユダヤ教の祝日(ユダヤ暦の新年)であるロシュ・ハシャナ(今年は9月18日)に株式を売り、ヨム・キプール(贖罪・罪滅ぼしの日、同28日)以降に買い戻せ」というもので、1971年以降のこの期間の騰落は22勝27敗だという。現時点で今年の結果は分からないが、どうも1敗を追加しそうな雲行きだ。

◆「28日以降に買い戻せ」とあるなら、そろそろ調整を終えてもおかしくない。NYダウ、ナスダックともに調整が3週を経過し、日足チャートは75日移動平均線に差し掛かり、短期RCI(13日線、25日線)が底値圏(-50%以下)に入ってきた。

◆だが、NYダウとナスダックが好転するには少なくとも割り込んだ25日移動平均線(NYダウ2万7976ドル、ナスダック1万1249ポイント)を奪回しなければならない。カネ余りの時代ではあるが世界のマネーが米国株に集まり、過熱を無視して6ヵ月近く上げ続けた後だけに、楽観するのは好転を確認してからでも遅くない。

日経平均株価は2万3000円台で膠着が続く。米国株が波乱の割に日本株は堅調だ。日銀のETF買いや9月中間配当狙いの買いが下値を支えているほか、スガノミクスへの期待もあろう。いずれにせよチャートは膠着からの「放れ足」がポイントで、29日以降の推移が注目される。

(9月24日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─政策関連や需給妙味の大きい銘柄に注目 (09/26)
  2. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 各論(銘柄)勝負の投資戦術が有効! (09/27)
  3. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ―2020年のオクトーバーサプライズは何か- (09/26)
  4. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:マザーズIPO、米大統領選初討論会、米雇.. (09/26)
  5. 今週の【早わかり株式市況】続落、連休中の欧米株波乱で売り優勢 (09/26)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 東邦金、鈴与シンワ、日本ラッド (9月23日~25日)
  7. 億トレ目指すならコレ、「もう1人の自分」&「最低2000時間」 (09/25)
  8. 「株探」の歩き方 ― (28)逆張り戦略に適した銘柄には短期売買を心がけよう.. (09/25)
  9. 上方修正“先回り”、21年3月期【業績上振れ】候補〔第2弾〕 <成長株特集> (09/24)
  10. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (9月23日-25日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【今週読まれた記事】来たるべき大相場の“序章”再生エネ・EV相場の急先鋒 特集
  2. 2
    上昇トレンドに乗る【低PER】 29社選出 <テクニカル特集> 11月27日版 特集
  3. 3
    コロナ時代の新常識、動き始めた「深紫外線関連株」をロックオン <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    国内株式市場見通し:好需給を背景に日経平均は27000円を睨んだ値固め展開(訂正) 市況
  5. 5
    今週の【話題株ダイジェスト】 モリテック、ダイヤHD、アイリック (11月24日~27日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.