ログイン
米国株
2020年9月5日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「安値期日・彼岸の9月、冷静に調整を待つ秋相場」

◆大型で非常に強い台風9号が通過したばかりだが、この週末はさらに強い勢力を持つ台風10号がやって来るようだ。昨今の台風は、海水温の上昇に伴い膨大な水蒸気の供給を受けながらどんどん巨大化する。未曽有の大型台風にしっかりと備え、通過するのを待ちたい。

◆米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は8月27日のジャクソンホール会合で改めて低金利継続の必要性を唱えた。インフレ率が目標の2%を一時的に超えても金融緩和の姿勢を継続するという。FRBがこのような音楽(金融緩和延長)を奏でるのならば、世界のマネー(投資家)はそれに合わせて引き続き踊らざるを得ないだろう。

◆米国は秋相場も快調にスタートした。9月2日現在、ナスダック総合指数は4日続伸で最高値(ザラバ)を1万2074ポイントに、S&P500は続伸し最高値を3588ポイントにそれぞれ伸ばし、そしてNYダウも高値を2万9162ドルに伸ばして、2月の最高値(2万9568ドル)にあと400ドル程に迫る。

◆ただ、チャート的には米国株は過熱を強めている。ナスダックは3月安値の6631ポイントから5ヵ月で82%上昇し、RCI(順位相関指数)やRSI(相対力指数)、移動平均線カイリ率などのテクニカル指標は日足、週足とも過熱信号を灯している。

◆それでも、世界各国の金融・財政政策を背景にあふれたマネーが米国に流れ込み、株式市場をどんどん膨張させている。「流れに従う」のが相場の基本ではあるが、とはいえ過熱警戒を無視してどこまでも上がり続けるとは思えず、9月は調整を挟むことを覚悟しておきたい。

◆例えば、(1)3月安値から半年(安値期日)を迎え、(2)9月は日米ともメジャーSQ(先物・オプション清算日、日本は9月11日、米国は9月18日)があり、(3)米国は8月31日にNYダウの採用銘柄の入れ替えと、アップル(4分割)とテスラ(5分割)の株式分割が実施された。(4)そして、日本では9月14日に安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選が行われ、秋の彼岸を控える。このように9月は調整のキッカケになる要因が少なくなく、投資家としては冷静に調整を待つのも一策ではないだろうか。

(9月3日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 【植木靖男の相場展望】 ─ 天気晴朗なれども波高し (09/05)
  2. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 9月6日版
  3. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米ハイテク株の動向、メジャーSQ、ECB定.. (09/05)
  4. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (8月31日-9月4日)
  5. 今週の【早わかり株式市況】3週ぶり上昇、想定外に相場強く週末の米株急落も下.. (09/05)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 日本テレホン、ビープラッツ、インタートレ (8月.. (09/04)
  7. 【今週読まれた記事】狙え“テンバガー”! IPO沸騰の9月 (09/05)
  8. 上方修正“先回り”、20年9月上期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> (09/03)
  9. 10万円以下で買える、2ケタ増益&低PBR 20社【東証1部】編 <割安株特集> (09/04)
  10. 9月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 「東証1部」編 <割安株特集> (09/03)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    突き抜ける日本の技術力、「パワー半導体」大潮流に乗る5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    10万円以下で買える、連続増益&低PER 22社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  3. 3
    利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 32社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月24日) 注目
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):古野電、パーソルHD、ソニーG 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.