ログイン
2020年9月3日 19時30分
特集

脚光「プライバシーテック」、DX加速と個人情報保護強化で商機 <株探トップ特集>

―データ利用拡大とプライバシー保護両立で市場拡大の兆し―

新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークなどが急速に拡大したことや、特別定額給付金申請時に行政のデジタル化の遅れが浮き彫りになったことなどを受けて、日本でもデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速するとの見方が強まっている。

その一方、DXで先行する民間企業では、デジタルデータを取り扱う際に個人情報を守る技術である「プライバシーテック」に注目が集まり始めている。今後、DXの更なる加速が見込まれるなか、個人情報の取り扱いへの関心もこれまで以上に高まるとみられ、関連企業のビジネスチャンスは広がりそうだ。

●「プライバシーテック」とは

「プライバシーテック」とは、個人情報の保護と企業による個人情報の適切な活用をサポートする技術の総称をいう。データがあらゆる経済活動に欠かせないようになった現代では、企業にはより多くのデータを集め、それを分析する力が求められるが、それには個人情報保護の視点が不可欠だ。

海外では、個人データ保護を規制する法として、2018年5月にGDPR(EU一般データ保護規則)が、20年1月にCCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)が施行され、個人情報に関わるあらゆるデータに保護規則を設けている。また、これらに追随する形で世界の国・地域でプライバシー保護の動きが加速している。

●個人情報保護法改正でCookie利用に規制

海外の動きに後れを取っていた日本でも、昨年8月に発覚した就活サイト「リクナビ」による内定辞退率を本人に無断で販売した問題などを機に、20年6月に個人情報保護法を改正した。例えば従来の法律では、Cookie(クッキー)と呼ばれる閲覧情報は、単体だと「個人情報」にあたらなかったため、多くの企業が比較的自由に広告などの分析に活用していた。しかし改正後は、企業が他社からCookieを集めて自社の個人情報と紐付けし、個人の属性を推定できるデータに加工する場合には、利用者本人の明示的な同意を得ることが必要になっている。

閲覧情報は、過去の履歴などを元に自分好みの商品・サービスなどを紹介してくれるレコメンド(自動推奨)など便利な機能に用いられる一方、解析することでセンシティブな情報を企業側が取得することができ、プライバシーの侵害につながりかねない。こうしたことから、デジタルデータを活用する際は個人情報の取り扱いに配慮する必要がこれまで以上に生じており、「プライバシーテック」関連市場も拡大が見込まれている。

●CMP関連企業は商機拡大へ

プライバシーテック関連銘柄はまだ数が少ないものの、デジタルデータの活用を図るためには個人情報保護との両立が欠かせないことから関心を持つ企業も増えている。

ベクトル <6058> は今年3月、インティメート・マージャー <7072> [東証M]と合弁で、プライバシーテックを手掛ける新会社「Priv Tech(プライブテック)」を設立した。ソリューションの第1弾として、個人データなどの利用同意管理プラットフォーム(CMP)「Trust360」の提供を行っている。

CMPとは、閲覧履歴を記録したCookieなどの個人情報を企業に提供してもよいかどうかを確認するソフト。「Trust360」を導入した企業サイトにアクセスすると、閲覧者の閲覧履歴などのデータを収集してよいか同意を求めるバナーが表示され、閲覧者はデータの活用目的を確認したうえで、同意するか否かを選択できる。初年度で260社の導入を目指しているようだ。

また、大手広告代理店はこれよりも早くCMPに取り組んでおり、博報堂DYホールディングス <2433> 傘下のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は19年4月に米ソース・ポイント社と提携し、CMPを提供。電通グループ <4324> のグループ企業であるマイデータ・インテリジェンスも今年3月、トレジャーデータ(東京都千代田区)などと組んでCMPを提供している。

●Cookieを使用しない技術も注目

また、Cookieを使用しない技術にも注目が集まっている。

ログリー <6579> [東証M]は19年5月、Cookieを使用せずにユーザーの属性を推定する技術を確立し、特許を取得したと発表。10月には、同技術を用いた広告配信最適化エンジン「SYNAPSE D-engine」を開発し、ネイティブ広告プラットフォーム「LOGLY lift」に搭載した。今年8月12日に発表した第1四半期(4-6月)決算では、「LOGLY liftが当初の想定よりも早い段階で拡大期に入った」ことを明らかにしており、今後の業績牽引役となることが期待されている。

CARTA HOLDINGS <3688> のグループ会社サイバー・コミュニケーションズは、ポストCookie時代に対応した新たなマーケティングサービス「ゼロパーティデータ構築サービス」を開始した。顧客が企業に対して対価と引き換えに意識的に提供するデータであるゼロパーティデータの構築・活用を支援するもので、これにより、ゼロパーティデータをさまざまなマーケティング施策に活用しやすくなるという。

一方、イルグルム <3690> [東証M]は、マーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」で19年10月にサードパーティCookieを使わない新しい計測方法「CNAMEトラッキング」をリリースした。同サービスは、訪問したサイトによって設定され、プライバシーに配慮したファーストパーティCookieと呼ばれるCookieのみを利用。行き過ぎた趣味趣向の分析やターゲティング広告などへのCookie利用を抑止しながらも、高精度な計測を継続できることから、広告主や広告代理店からの導入が急増している。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 上方修正“先回り”、20年9月上期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> (09/03)
  2. 9月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 「東証1部」編 <割安株特集> (09/03)
  3. 人気沸騰のIPO市場、テンバガー出現で物色機運高まる <株探トップ特集> (09/01)
  4. 押し寄せるバッタの大群を迎え撃て!出番到来の「蝗害」対策関連株... (09/02)
  5. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月2日版
  6. そんなことも知らないのと言われた「ダウ理論」で、ソフトバンクG株にリベンジ (09/01)
  7. 賃貸住宅の火災で自室が延焼被害、あなたの失った家財や部屋の原状回復義務は? (09/03)
  8. 「台風対策」が21位、台風への警戒高まるなか関連株に関心向かう<注目テーマ... (09/02)
  9. アベノミクスの落とし子「国土強靭化」、台風シーズンで“豪雨関連”に刮目.. (08/31)
  10. 「全固体電池」が4位、EV向けで注目される次世代電池の筆頭候補<注目テーマ> (09/01)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月15日発表分) 注目
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (4月16日記) 市況
  3. 3
    今朝の注目ニュース! ★AmidAH、インフォネ、フルヤ金属などに注目! 注目
  4. 4
    脱ガソリン車の必須設備、「充電インフラ」整備で跳ぶ精選7銘柄 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    好業績続く“中小型株”、21年3月期【業績上振れ】候補〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.