ログイン
米国株
2020年9月1日 12時20分
特集

「全固体電池」が4位、EV向けで注目される次世代電池の筆頭候補<注目テーマ>

★人気テーマ・ベスト10

1 選挙関連

2 2020年のIPO

3 デジタルトランスフォーメーション

4 全固体電池

5 5G

6 サイバーセキュリティ

7 人工知能

8 総合商社

9 ゲーム関連

10 eコマース

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「全固体電池 」が4位となっている。

電気自動車(EV)の普及期突入と歩調を合わせ、その基幹部品であるリチウムイオン電池など2次電池の市場が急拡大している。その一方、現在は性能面で従来のリチウムイオン電池を上回る次世代電池の開発が世界中で活発化している。2035年にその世界市場規模は2兆5000~2兆8000億円程度に拡大するとの試算もあり、同関連銘柄に対するマーケットの視線も熱い。

ポスト・リチウムイオン電池として注目される次世代電池で最右翼に位置するのが全固体電池だ。全固体電池は、現行のリチウムイオン電池の電解液の部分を固体材料に変え、すべての部材が固体で構成されている電池のことを指す。これには数多くの優位性があり、第一に可燃性の電解液で問題となっていた発火リスクを解消できるということ、そして構造がシンプルで積層化が容易なためコンパクト化する際に融通が利く。更に、多くの電気を貯蔵することが可能でEV航続距離の大幅な延長を実現し、長寿命化やフル充電時間の短縮といったハードルもクリアすることができる。

全固体電池 ではトヨタ自動車<7203>とパナソニック<6752>連合が同分野の開発で先駆しているとみられるが、これに続く銘柄として、村田製作所<6981>やTDK<6762>が積極的に開発に取り組み量産技術を深耕しているほか、三櫻工業<6584>やFDK<6955>なども関連有力株として市場の関心が高い。このほか、日本電気硝子<5214>、マクセルホールディングス<6810>、ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674>、旭化成<3407>、富士フイルムホールディングス<4901>なども折に触れて脚光を浴びそうだ。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. アベノミクスの落とし子「国土強靭化」、台風シーズンで“豪雨関連”に刮目.. (08/31)
  2. 成長エンジン始動、量産化加速の「全固体電池」関連株を追え <株探トップ特集> (08/27)
  3. 【全固体電池】関連の銘柄一覧
  4. そんなことも知らないのと言われた「ダウ理論」で、ソフトバンクG株にリベンジ (09/01)
  5. 「選挙関連」が2位にランク、安倍首相の辞任受け注目度高まる<注目テーマ> (08/31)
  6. AI・IoTで高次化、進撃の「ロボット関連」最強の銘柄選択 <株探トップ特集> (08/29)
  7. 武者陵司 「ポスト安倍は『安倍』」 (09/01)
  8. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 復活の夜明けが近づく「Go To キャンペーン.. (08/30)
  9. 【杉村富生の短期相場観測】─「安倍退陣」によって、日本はどこに行くのだろう.. (08/30)
  10. 和島英樹の「明日の好悪材料Next」~第14回 (08/30)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    21年後半相場の4大テーマ株を狙え! 活躍期待の注目銘柄3選(1)【半導体製造装置】 <連休特別企画> 特集
  2. 2
    21年後半相場の4大テーマ株を狙え! 活躍期待の注目銘柄3選(3)【電気自動車(EV)】 <連休特別企画> 特集
  3. 3
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:4-6月決算シーズン開始、IPO4社、米FOMCなど 市況
  4. 4
    10万円以下で買える、大幅増益&低PBR 19社【2部・新興】編 <割安株特集> 特集
  5. 5
    雨宮京子が読む!重要局面を迎える東京市場の行方 <連休特別企画> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.