ログイン
米国株
2020年8月30日 8時00分
市況

伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 8月30日版

日経平均株価、年末へ向けた上昇途上の見方に変更なし

1.NYダウは7月、8月と陽線引けする場合、9月が陰線引けしやすい

以前、 NYダウは7月から9月にかけて上値が重くなりやすいため、7月、8月が2カ月連続で上げ幅の大きな動きにならない傾向があると書きました。

ただし、7月、8月が連続して陽線引けしないわけではありません。上昇を継続する格好で、連続して陽線引けする年も見られます。

本年は、月曜日に1000円以上の下げ幅にならなければ8月が陽線引けして、7月、8月が連続して陽線引けする展開になります。そこで、下げやすい時期である7月~9月の期間で、7月、8月が連続して陽線引けする場合、9月がどのような展開になっているのかを調べてみました。

1990年以降で、7月、8月の月足が連続して陽線引けしている年は、1991年、1993年、1994年、2000年、2003年、2006年、2008年、2009年、2012年、2018年の10回です。

これらの中で、9月の月足が陰線引けしている年は、1991年、1993年、1994年、2000年、2003年、2008年の6回です。

9月が陽線引けしている年が4回ありますが、これらの年は、すんなりと上昇しているわけではありません。

2006年は、5月から6月に大きく価格が下げて、7月に押し目をつけた後、緩やかな上昇の流れを作り、5月の高値を目指す過程で、7~9月が連続して月足が陽線引けしています。

2009年は結果として陽線となっていますが、8月、9月がジグザグに緩やかに上値、下値を切り上げる動きになっていて、積極的な上昇の流れを作っていません。

2012年、2018年は、3カ月連続してはっきりとした上昇の流れを作りましたが、10月上旬に戻り高値をつけて、3カ月間で上げた分のすべてを押し戻されています。

以上のことを考慮すると、7月まで下げの流れを作り、7月に押し目をつけて上昇するケースを除き、7月、8月に連続して陽線引けしている年は、9月が上値重く推移する傾向があると言えます。

7月から9月まで連続ではっきりした上昇の流れを作る場合、下げやすい時期に一気に上げ幅を拡大することで、当面の上値目標値を達成するため、10月が7月から9月までの上げ分のすべてを押し戻される動きになる可能性があります。

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

関連記事・情報

  1. 緊急特集「アベノミクス相場」去りし後、辞意表明と600円急落の意味するもの.. (08/28)
  2. 【杉村富生の短期相場観測】 ─「安倍退陣」によって、日本はどこに行くのだろう.. (08/30)
  3. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─ 「安倍首相退陣も経済再開の方向性は.. (08/29)
  4. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「新型コロナで変わる不動産事情とライフスタイル」 (08/29)
  5. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:国内政局動向、経済指標(各国PMI、米雇.. (08/29)
  6. 「株探」の歩き方 - (27)外国人投資家に選ばれそうな高収益企業を探そう (08/28)
  7. 5年で資産10倍を実現した「支配者便乗の法則」 (08/25)
  8. AI・IoTで高次化、進撃の「ロボット関連」最強の銘柄選択 <株探トップ特集> (08/29)
  9. 成長エンジン始動、量産化加速の「全固体電池」関連株を追え <株探トップ特集> (08/27)
  10. 【今週読まれた記事】導き出された“最適解”、波乱に臨む王道戦略 (08/29)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    突き抜ける日本の技術力、「パワー半導体」大潮流に乗る5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    10万円以下で買える、連続増益&低PER 22社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  3. 3
    利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 32社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月24日) 注目
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):古野電、パーソルHD、ソニーG 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.