ログイン
2020年8月9日 8時00分
市況

伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 8月9日版

NYダウ、日経平均はいったん下値を試すか

1.NYダウ、本年8月は積極的な下げの流れにならない公算

前回、 NYダウが8月に大きく下げる場合、5営業日以内で8月の最高値を確認して、下降を開始する準備の動きが整い、その後、勢いの強い下げの流れへ入ることが多いと紹介しました。

前週は5営業日連続で上昇し、高値を更新しています。

5営業日の範囲で8月の最高値をつけて、下降を開始しているときは、前週のようなはっきりとした上昇の流れを作る展開にはなっていません。また、NYダウは戻り高値をつける場面で、たいてい、足型がコマ足、上ヒゲの長い線をつけますが、7日の足型は反転を示唆する形になっていません。

これまでの値動きを考慮すると、本年8月のNYダウは、積極的な下げの動きが表れないと推測できます。

2.NYダウの本年8月は上値重くなる可能性がある

8月が積極的に下げないという意味は、8月に急落を伴う大幅安が表れないというだけで、8月が下がらないということではありません。本年8月は積極的に下げないとしても、いったん下値を試す動きを経過する可能性があります。

積極的に上昇できないと考えたくなるポイントが2つあります。1つ目は、NYダウが上昇しているにもかかわらず、 日経平均株価が横ばいから下降ぎみに推移していることです。

2013年以降、日銀は積極的にETFの買い入れを行い、下げ局面で下値を支えています。日経平均株価が下げている日は、たいていの場合、日銀によるETFの買いが入ります。

このことは、大口の投資家が圧倒的に有利な状況を作り出しています。

日経平均株価への寄与度の高い銘柄を積極的に買い、日経平均株価を上昇させた後、事前に225先物の売りを入れる。その後、買い上げた現物株を手仕舞いして、日経平均、225先物の下げを誘い、利益を得るという取引を実行する場合、以前なら、急落によって現物に損失が出るリスクがありました。

しかし、2013年以降は価格が下げる場面で積極的な買い手が必ずいるので、気兼ねなく仕掛けることができるのです。

以前は、NYダウに先行して日経平均株価が戻り高値をつけるケースが目立ちましたが、2013年以降、NYダウと日経平均株価が近い日に戻り高値をつけているケースが目立っています。

このような状況もあるため、NYダウと日経平均株価の相関が強くなっています。

それにもかかわらず、NYダウが上昇している場面で、日経平均株価の上値が重い動きになる場合、少し先の地点で、価格がいったん下げる動きになっているケースが目立ちます。

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

関連記事・情報

  1. レバを掛けるなら、短期勝負の順張り戦略がテッパンなわけ (08/07)
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─加権指数30年ぶりの最高値更新は何を示唆する? (08/08)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「再び放れ足が焦点に」 (08/08)
  4. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ―経済は順調に回復するか- (08/08)
  5. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:マザーズ決算ピーク、中国経済指標、米.. (08/08)
  6. 「巣ごもり消費」新旋風、上昇メガトレンドに乗る“極撰株リスト”.. (08/08)
  7. コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 8月7日版
  8. ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月07日)
  9. 【今週読まれた記事】決算佳境! 8月相場に台風到来はあるか (08/08)
  10. 今週の【話題株ダイジェスト】 ディーエヌエ、ベガコーポ、クレオス (8月3日~7日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    ANA---4日続落、公募増資報道受け 材料
  2. 2
    海外投資家、景気敏感株「日本」を本格評価 世界的なワクチン相場に乗る <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:古河池、ワコム、国際石開帝石 注目
  4. 4
    「仮想通貨」が17位、ビットコインやリップル価格上昇で注目集める<注目テーマ> 特集
  5. 5
    今朝の注目ニュース! ★セキド、トヨカネツ、リプロセルなどに注目! 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.