ログイン
2020年6月15日 8時32分
材料

神戸物産---2Qも2ケタ増収増益、主力の業務スーパー事業が好調に推移

神戸物産<3038>は11日、2020年10月期第2四半期(19年11月-20年4月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比21.8%増の1,760.69億円、営業利益が同32.9%増の123.93億円、経常利益が同31.4%増の124.65億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同24.7%増の75.46億円となった。

業務スーパー事業の売上高は前年同期比24.3%増の1,575.86億円となった。店舗については、25店舗の出店、8店舗の退店の結果、総店舗数は862店舗となった。消費者の節約志向が根強い中、顧客ニーズに対応したプライベートブランド商品がメディアに取り上げられたことで新規顧客の来店に繋がった。また、新型コロナウイルス感染症拡大防止による外食自粛等で内食需要が高まったことも経営成績に影響を及ぼした。

神戸クック事業の売上高は前年同期比13.5%増の12.35億円となった。「神戸クック・ワールドビュッフェ」では2店舗の出店、1店舗の退店の結果、総店舗数は23店舗となり、「馳走菜」では8店舗の出店の結果、総店舗数は18店舗となった。「神戸クック・ワールドビュッフェ」では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため3月中旬より順次営業時間の短縮や臨時休業を実施した。一方、「馳走菜」では、業務スーパーの来店客数の増加や新型コロナウイルス感染症対策の実施が功を奏し、堅調に推移した。

クックイノベンチャー事業の売上高は前年同期比3.0%増の157.72億円となった。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一部店舗において営業時間の短縮や臨時休業を実施した。主力事業である焼肉業態の出店や、QSCの向上、安全・安心で顧客満足度の高い商品開発の取り組み強化を行った。加えて、不採算店舗のスクラップアンドビルドを進めることにより、全体収益の向上を図っている。

エコ再生エネルギー事業の売上高は前年同期比3.6%増の11.92億円となった。稼働中の太陽光発電所は計16か所で約22.0MWの発電、木質バイオマス発電所が1か所で約6.25MWの発電を行っている。

2020年10月期通期の連結業績予想については、新型コロナウイルスの収束の見通しが立たず、先行き不透明な状況のため、売上高が前期比4.1%増の3,118.00億円、営業利益が同5.5%増の203.00億円、経常利益が同4.5%増の203.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同10.3%増の133.00億円と、現時点では期初計画を据え置いている。

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 和島英樹の「明日の好悪材料Next」~第3回 (06/14)
  2. 個人投資家・有限亭玉介:コロナショック後の株高継続!監視にいれた銘柄群.. (06/14)
  3. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 19社選出 <成長株特集> (06/14)
  4. 【杉村富生の短期相場観測】 ─いよいよ波乱はチャンスのタイミング到来! (06/14)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─巡ってきた強勢銘柄を仕込む絶好機 (06/14)
  6. 迫る株主総会シーズン、3密回避で急浮上する「バーチャル総会」関連株.. (06/13)
  7. 「株探」の歩き方 ― (22)上昇銘柄ピックアップの鉄則!投資判断を惑わす罠を.. (06/12)
  8. 「今期なんて関係ねぇ!」の上昇相場、その強者とは (06/10)
  9. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 すぽさんの場合-最終回 (06/12)
  10. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (6月12日現在)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今週の【話題株ダイジェスト】 アートSHD、DMソリュ、ログリー (8月11日~14日) 注目
  2. 2
    【今週読まれた記事】過剰流動性で加速する“巣ごもり”上昇メガトレンド 特集
  3. 3
    レーティング週報【2段階格上げ↑】 (8月11日-14日) 特集
  4. 4
    武者陵司 「コロナパンデミック、最悪期は過ぎたのでは、ならば株高は当然」 市況
  5. 5
    ソニー大商いで反発、CMOSセンサーの競争力評価 材料
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.