ログイン
2020年5月22日 17時57分
市況

来週の株式相場戦略=上値の重い展開か、政府の成長戦略など意識

今週の日経平均株価は、前週に比べ350円(1.8%)高と2週ぶりに上昇した。米国株高などを反映し一時2万700円台まで値を上げる場面があったが、週末にかけ値を下げ2万300円台で取引を終えた。

日本企業の決算発表はピークを超えつつあり、来週はやや手掛かり材料難となる可能性がある。東証マザーズ指数は一時、昨年5月以来の高値水準に上昇しており、小型株を中心とする個別材料株物色が続きそうだ。来週の日経平均株価の予想レンジは1万9800~2万700円。

市場の関心は、これまでの「経済活動再開」から「米中対立」へと移りつつある。全体相場は「下がれば日銀のETF買いが入るが、上値も買い上がりにくい」(アナリスト)状況にあり、ここからの一段高には新たな展開材料が求められる段階に入っている。来週25日には首都圏の緊急事態宣言の解除の可否が判断される。不透明要因は少なくないが、解除となった場合でも相場には大分、織り込み済みとの見方がある。こうしたなか、政府は6月に成長戦略をまとめる予定で、市場ではフィンテックキャッシュレスクラウドファンディングMaaSなどに絡む銘柄に注目している。

来週の決算発表は25日に味の素<2802>、26日にスズキ<7269>、27日にリクルートホールディングス<6098>、28日に日産自動車<7201>、29日に日立製作所<6501>などが予定されている。27日には政府が第2次補正予算を閣議決定する見込みだ。海外では28日に米1~3月期国内総生産(GDP)改定値が発表される。また、29日にはMSCIの銘柄入れ替えが予定されており、レーザーテック<6920>や日本M&Aセンター<2127>、三浦工業<6005>などの動向に注目したい。

(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】決算集中期間“延長戦”! 強烈“逆風下”増収増益を追う (05/23)
  2. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─ 「米中対立を警戒も、トレンド追随で.. (05/23)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「1000ポイントに迫る東証マザーズ」 (05/23)
  4. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ―企業収益と株価の関係- (05/23)
  5. 今週の【早わかり株式市況】反発、国内外の経済活動再開を好感も米中対立が重し (05/23)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 テラ、アイピーエス、日本アビオ (5月18日~22日)
  7. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (5月18日-22日)
  8. 成長株狙い・すご腕3人衆が語る「コロナからの教訓と次の一手」-後編 (05/22)
  9. 逆風下で輝く、21年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 5月22日版
  10. 10万円以下で買える、今期増益&低PBR 24社【東証1部】編 <割安株特集> (05/22)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月29日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★シルバエッグ、ストリームM、ブレーキなどに注目! 注目
  3. 3
    今期活躍必至の【連続最高益】銘柄リスト〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  4. 4
    国内株式市場見通し:日経平均はSQ、金融イベントにらみもみあいへ 市況
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─上昇勢いづく需給の偏りを突け! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.