ログイン
2020年4月12日 8時00分
市況

伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 4月12日版(1)

1.NYダウ、当面の強弱の節目に位置

市場参加者が意識している場所では、価格が上値を抑えられたり、下値を支えられたりします。また、一定の流れができている場合、市場参加者が意識している場所では、値幅の伴ったギャップを開ける動きになります。

図1は、2018年以降の NYダウ週足です。図2、図3は2018年の前半と後半の日足です。

図1 2018年以降のNYダウ週足

【タイトル】

図2 2018年前半のNYダウ日足

【タイトル】

図3 2018年10月以降のNYダウ日足

【タイトル】

これを見ると、2018年は2万3500ドル付近が強い支持になっていることがわかります。1月の急落場面では、2万3500ドル付近で下値を支えられる動きとなっています。その後、5月まで、何度も下値を試す動きを経過しますが、日ベースの終値が2万3500ドル以下になっていません。

2018年12月の急落場面では、2万3500ドルを割れた後、すぐに押し目底をつけて、2万3500ドル以上へ値を戻す動きとなっています。

また、2万3500ドルを割れる場面、突破する場面のどちらでも、ギャップを開ける動きがあらわれていることがわかります(図3の緑の枠内です)。

図4は、最近のNYダウ日足です。2月下旬から3月23日までの暴落場面では、複数のギャップを開けていますが、2万3500ドル付近でのギャップが特に値幅の大きなものとなっています。

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

伊藤智洋

日経平均株価・短期シナリオ
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【村瀬智一が読む!深層マーケット】 ─直近IPOやインデックスイベントなど需給.. (04/11)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「2万円接近だが、慎重姿勢を忘れず」 (04/11)
  3. 武者陵司 「Pandemic、イタリアの悲劇と財政規律の揚棄」 (04/07)
  4. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:国内感染者動向、中国1-3月期GDP、IMF世.. (04/11)
  5. 来週の決算発表予定 ファミマ、高島屋、東宝など (4月13日~17日)
  6. コロナ戦乱相場で買われる株、我が道を突き進む「驚速5銘柄」.. (04/11)
  7. 暴落前に先回りで全保有株を現金化、"神判断"した人の技とは? (04/10)
  8. 個人投資家・有限亭玉介:テレワーク・遠隔医療・巣ごもり…新型コロナ由来銘柄.. (04/11)
  9. 【今週読まれた記事】相場乱高下に対抗、インカムゲイン“隠れ優良株” (04/11)
  10. 今週の【話題株ダイジェスト】 メディシノバ、ステムリム、農業総研 (4月6日~10日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    2020年「ノーベル賞」発表目前!3年連続の日本人受賞なら急騰必至 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月30日発表分) 注目
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=大統領選討論受けアルゴ売り炸裂 市況
  4. 4
    日経VI:上昇、ダウ平均先物下落きっかけに市場心理悪化 市況
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(2):三菱UFJ、バイク王、KYCOM 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.