ログイン
2020年4月1日 10時30分
特集

需給で読み解く株式市場、検証:ショック安の行方


―高まるか、外国人投資家の現物売り圧力―

text.若桑カズヲ

●リーマン・ショック想起させる株価下落

新型コロナウイルス問題で大きく調整した東京株式市場は、日銀やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)などの公的な買い支え観測に加え、米連邦準備制度理事会(FRB)による無制限の資産購入発表などを受けて前週大きく反発した。これで一旦は市場心理も落ち着く可能性はあるものの、PKO(株価維持操作)や金融政策ではパンデミック(世界的大流行)を止められないことは周知の通り。そのため、今後2週間ぐらいでウイルス感染拡大の勢いが収まるかどうかが注目されている。

今回の株価急落で恐怖指数と呼ばれるVIX指数は一時80を超え、2008年のリーマン・ショック時にほぼ並ぶほどの高いボラティリティ(価格変動率)を示しており、投資家の極端なリスク回避姿勢は当時と似てきたようだ。そこで今後の動向を占うために、当時と現在の状況を比較してみる必要があるだろう。

リーマン・ショック当時は、ショックが起きた9月15日の以前から日経平均株価は調整傾向を示し、本格的な急落が始まったのは9月末からであった。その後、10月27日に7162円で底入れし、翌年2009年3月10日に7054円と二番底を打っている。今回も似たような急落ぶりであるが、パンデミックが止まらずに同程度の調整となれば、日経平均は1万4000円台が視野に入ると言えよう(図1参照)。

【タイトル】

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

関連記事・情報

  1. 藤代宏一氏【反騰は続くか、首都封鎖懸念と春相場の行方】 <相場観特集> (03/30)
  2. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 短期的な視点と長期的な視点を分けた行動を! (03/29)
  3. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 3月29日版
  4. 【村瀬智一が読む!深層マーケット】 ─ パニック的なアンワインドの流れは一巡 (03/28)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 空前の米経済対策が株式市場を救う! (03/29)
  6. 武者陵司 「パンデミックと市場パニックの分析と展望」 (03/21)
  7. ロックダウン前夜、対コロナ“重大局面”打破託す「テレワーク関連株」.. (03/30)
  8. 世間を騒がせたアパート3銘柄、再浮上のポイントはどこ? -下 (03/31)
  9. 反発を見極める指標は? テーマ株投資の注意点は? ~Bコミさんに緊急インタ.. (03/26)
  10. 訪れた絶好の買い場、5G関連「復活高スペシャル7銘柄」 <株探トップ特集> (03/28)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    明日の株式相場に向けて=ドコモTOBの波紋、菅政権の“本気”を暗示 市況
  2. 2
    NTTドコモ---ストップ高買い気配、NTTによる完全子会社化報道受けTOBプレミアム期待 材料
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):NTTドコモ、しまむら、ラクーンHD 注目
  4. 4
    話題株ピックアップ【昼刊】:NTTドコモ、しまむら、神戸物産 注目
  5. 5
    KDDI、ソフトバンクいずれも新安値、ドコモTOBで携帯料金引き下げに現実味 材料
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.