ログイン
2020年3月11日 19時30分
特集

介護×テクノロジー、変革を担うゲームチェンジャーはこの株だ <株探トップ特集>

―人手不足顕著な介護現場、先端テクノロジーを駆使してサービスの生産性向上へ―

11日の東京株式市場で、日経平均株価は反落した。10日に米国でトランプ政権が大型減税を議会に提案し、日本では中小企業の資金繰り支援などを含む第2弾の緊急対応策が発表されたが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による景気の落ち込み懸念が依然としてくすぶるなか相場を押し上げるには至らなかった。ただ、こうしたなかでも今後の成長が期待できる業界への関心は薄れることはなく、先端テクノロジーによって変革期を迎えつつある介護関連に改めて注目してみたい。

●政府、テクノロジー活用を推進

政府は2月19日、首相官邸で全世代型社会保障検討会議を開き、介護サービスの生産性向上について議論した。このなかで安倍首相は「介護職員の負担軽減のためセンサーなどのテクノロジーを活用し、介護サービスの質を維持しながら需要の伸びに対応する」と明言。あわせて「介護サービスの効果を正確に測定することを目的にビッグデータの整備を進める」ことなども述べ、夏の最終報告に向けて検討を指示した。

こうした背景には介護現場での人手不足が挙げられ、同会議の資料によると2018年度の要介護・要支援の認定数は658万人と、介護保険制度が発足した2000年度から2.6倍に拡大。これに対し介護職員数は増えているとはいえ、18年度の有効求人倍率は3.95倍と高水準で、需給ギャップは20年度に約26万人、25年度に約55万人になると予測されている。

●ケアプラン作成にAI導入へ

また、介護費用(介護保険給付費と自己負担の合計)は2000年度の3.6兆円から18年度は10.4兆円に膨らんでおり、このままの状況が続けば現役世代や次世代の負担が更に増し、社会保障制度の存続すら危ぶまれる。こうした状況を変えるためにはIT(情報技術)を活用して効率化を進めることが必要不可欠で、足もとではAI(人工知能)IoT(モノのインターネット)を活用する取り組みが出始めている。

例えば、介護の設計図であるケアプランの作成では、ケアマネジャーが複雑な計算や大量の事務処理に追われているが、この作業にAIを導入しようとする機運が高まりつつある。最近ではNTTデータ <9613> 子会社のNTTデータ東北が昨年12月、要介護認定事務のAI導入に向けた実証実験で福島県郡山市と協定を締結。アカツキ <3932> やコニカミノルタ <4902> などが出資しているウェルモ(東京都千代田区)は同月、ケアプラン作成支援AI「ケアプランアシスタント(ベータ版)」の実証実験会を行った。

セントケア・ホールディング <2374> やツクイ <2398> などが出資しているシーディーアイ(東京都中央区)は、自立支援を目指すケアデザインAI「CDI Platform MAIA」を展開している。これはインターネットに接続可能なパソコンやタブレットがあればすぐに利用できるため、導入先が今後一段と広まりそうだ。

●アイスタディは東大と共同研究

介護ロボットの分野では、富士ソフト <9749> のコミュニケーションロボット「PALRO(パルロ)」が高齢者福祉施設などで活躍している。このロボットはAIを搭載しており、会話のなかでライフログ(人の行動や趣向などを記録として残したデジタルデータ)を蓄積。歌や体操など日々のレクリエーションなどで活用されている。

丸文 <7537> が取り扱っている米アイオロス・ロボティクスのAI搭載介護支援ロボット「アイオロス・ロボット」にも注目。人物や物体の識別ができるほか、荷物を持ち自分でエレベーターのボタンを押して乗降することが可能で、ヘルパー不足に悩む介護施設の関心は高い。

これ以外にも、アイスタディ <2345> [東証2]は昨年11月から東京大学などと介護施設向けAI検知システム構築に関する共同研究を開始。施設入居者の行動をAIで認識・分析し、転倒事故防止などに寄与できるシステムの開発を目指している。

●uprは見守りシステムを提供

介護現場での負担軽減につながる技術として、IoTを「見守り業務」などで活用する動きも進んでいる。ユーピーアール <7065> [東証2]が手掛けるシステムは、GPS端末を自社サービスで所有しているため屋内から屋外までシームレスに見守ることが可能。また、さまざまなパートナーとの連携事例があり、広い分野で協業ができる点も強みとなっている。

このほか、オプティム <3694> はテレビとバイタルセンサーなどのIoT機器を使って体調管理などを行うことができる在宅医療支援サービス「Smart Home Medical Care」を提供している。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 「感染検査」最前線を駆ける株、新型コロナ駆逐はここから始まる.. (03/10)
  2. 「植物工場」関連を狙え!中国発の食糧懸念で浮上する有望株群.. (03/07)
  3. 【介護テック】関連の銘柄一覧
  4. コロナ急落からの短期反発狙いは、個人に有利な「スイング・リバーサル戦略」で (03/11)
  5. 日経平均2万円割れ、反発狙いでの注意点は?~Bコミさんに緊急インタビュー.. (03/10)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 売られ過ぎ銘柄の反発を狙う! (03/08)
  7. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ バンジージャンプ相場下の投資戦術! (03/08)
  8. 原油暴落の震源となった怒れるサウジ、非常事態のただ中で瓦解したOPECプラス (03/11)
  9. 緊急事態「2万円割れ」 “底値”か“通過点”か、新型コロナ暴落の正体.. (03/09)
  10. 個人投資家・有限亭玉介:新型肺炎拡大を背景に物色を受けた銘柄群.. (03/08)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    「半導体&電子部品」ビッグウェーブ到来、「最強布陣10銘柄」を追え <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月22日発表分) 注目
  3. 3
    発表迫る、好業績の中小型株【業績上振れ】候補〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ アメリカは大統領の「ハネムーン期間」に突入! 市況
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 京都銘柄の投資チャンスを見逃すな! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.