ログイン
米国株
2020年3月2日 18時30分
特集

大谷正之氏【日経平均6日ぶり反発、目先底入れかそれとも…】(1) <相場観特集>

―新型コロナの懸念続くなかも、売られ過ぎの反動表面化―

週明け2日の東京株式市場は日経平均株価が安くスタートした後、プラス圏に切り返した。日銀の黒田総裁が緊急談話で潤沢な資金供給に向け前向きなコメントを出し、世界的な協調緩和に対する期待感が、空売り筋の買い戻しを誘う形となった。ただ、自律反発ともいえる戻りで上げ幅は小さくトレンドそのものが変わったようには見えない。ここでの投資スタンスはどうあるべきか、第一線で活躍する市場関係者に意見を聞いた。

●「値幅調整は下値メドに接近、投資家センチメントも陰の極へ」

大谷正之氏(証券ジャパン 調査情報部長)

今回の株価急落は、新型コロナウイルスの感染拡大により社会活動が抑制されたり、サプライチェーンが寸断されたりすることで世界経済に影響が出てくることを懸念した面が大きいとみている。新型コロナの収束がいつになるかは不明だ。ただ、投資家のセンチメント(心理)は今後、今月半ば頃までが一番厳しい時期となるのではないか。

先週は、NYダウや日経平均が急落したが、株価の値幅調整はだいぶ、いい水準まで進んだとみている。日経平均の当面の下値メドはPBR1倍の2万700円前後とみており、2日には一時2万800円台まで下落した。今後1ヵ月程度の日経平均の想定レンジは2万500~2万2500円を見込んでいる。陰の極は近く、今後一段安があっても下値は限定的だろう。

株価が反転するキッカケとなるのは、ひとつには新型コロナに対する世界での感染者数の拡大ペースが鈍化してくることだろう。もうひとつは、これから悪化した経済指標の発表が相次ぐことが予想されるなか、米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げを含めた各国の金融政策や財政出動が発表されることだと思う。

株式市場全般が落ち着きを取り戻せば、まず最初に成長性の高い「5G」や「IoT」などに絡む東京エレクトロン <8035> や村田製作所 <6981> など主力の半導体・電子部品株が買われるだろう。また、株価が大幅安となった鉄鋼株や非鉄・化学株といった景気敏感株も戻りが期待できる。それに3月期末の配当権利取りを狙い銀行株や商社株などの高配当銘柄にも注目したい。

(聞き手・岡里英幸)

<プロフィール>(おおたに・まさゆき)

1960年生まれ。立正大学文学部卒、83年丸和証券入社、営業を経て96年から現職。日本テクニカルアナリスト協会 検定テクニカルアナリスト(CFTe)、AFP(日本FP協会認定)、(内閣府認証)NPO法人金融証券マーケットフォーラム理事。トレンドの芽をいち早くキャッチすべく、フィールド重視の調査を心がけている。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 山田勉氏【日経平均6日ぶり反発、目先底入れかそれとも…】(2) <相場観特集> (03/02)
  2. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 歴史上の相場巧者はみんなバーゲン・ハンター! (03/01)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 明けぬ夜はない、自律反発を待つ! (03/01)
  4. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─ 「この2週間がひとまず山場になるか」 (02/29)
  5. 明日の株式相場戦略=相場底入れのゴールデンセオリー (03/02)
  6. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 3月1日版(1) (03/01)
  7. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「NY暴落、続く乱高下」 (02/29)
  8. 暴落相場で拾う「逆張り特選20銘柄」、バーゲンハンターが目覚める時.. (02/28)
  9. 上方修正“先回り”、20年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> (03/01)
  10. 個人投資家・有限亭玉介:新型肺炎コロナウィルス関連と底堅い個別株.. (03/01)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (10月14日) 特集
  2. 2
    大相場の萌芽、「医療DX&最先端医療」で輝き放つ“進化系6銘柄” <株探トップ特集> New! 特集
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (10月15日) 注目
  4. 4
    【植木靖男の相場展望】 ─息を吹き返したハイテク関連に乗る 市況
  5. 5
    【今週読まれた記事】戻り相場で活躍“好業績×旬テーマ”の強力ブースター 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.