ログイン
2020年1月26日 9時30分
市況

【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 降りかかる試練の波状攻撃、突破口はいずこに?!

「降りかかる試練の波状攻撃、突破口はいずこに?!」

●新型肺炎の感染拡大は侮れない

株式市場ではたえず意外なことが起きるものだが、いまもそれに見舞われている。米国と中国が貿易協議で第1段階の合意にこぎ着け、米国とイランの直接的な軍事衝突も回避され、株式投資が行いやすくなったと安堵したのも束の間、思いがけないネガティブ材料が急浮上した。

それはもちろん、中国で発生した新型肺炎の感染拡大だ。現時点ではすでに感染者数が830人に達し、死者数も26人に及んでいるとのこと(24日午後現在)。

常識的には、大変なことになっている。こんな印象を持つが、世界保健機関(WHO)は23日、2日連続となる緊急会合を開き「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」を宣言するかどうかを討議したが、「時期尚早」との理由で見送った。まだ、大したことはないという判断を下したことになる。

東京市場はこのような経緯のなかで週末は軟調に推移、警戒感を高めてはいるものの、22日には日経平均が166円高したこともあったほどで弱気一色というわけではない。総じて、東京市場は新型肺炎を恐れてはいないようにみえる。これは、押し目買い意欲が強く、また、この種のネガティブ材料は長続きしないとの見方からだろうと推察される。

ただ、私にいわせると、この種の不測の事態が起きた場合、特にそれが病疫である場合、感染者数が拡大を続けている間は一般的には投資を見合わせた方がよい。投資するなら、拡大が止まってからでも遅くはないからだ。もちろん、まもなく終息するとは思うが、一方でここから更に拡大する可能性も十分あり得るのだ。

●ここで注目したい、試練に負けない有望株!

では、新型肺炎問題が解決するまで株は全く買えないのか。そんなことはない。いまは新型肺炎の拡大懸念を越えて株価の上昇が見込める分野がある。

半導体関連分野だ。具体的には、まずはこれまで幾度も取り上げてきたレーザーテック <6920> だ。半導体マスク欠陥検査装置に強く、マスクブランクス検査装置では実にシェア100%の実績、その実力は魅力的だ。

半導体用マスク基板に強いHOYA <7741> も、株価の水準は高いが、今後の半導体関連機器の需要拡大が見込めることから株価はなお続伸する確率が高いとみてよい。

電子顕微鏡に強く、半導体向け透過電子顕微鏡を手掛ける日本電子 <6951> も明らかに半導体関連株とみてよく、期待が持てる。

他分野にも目を向けておくと、親子上場で子会社株へ関心が向かう流れにあることからセコム <9735> 子会社の能美防災 <6744> 、信越化学工業 <4063> の傘下企業である三益半導体工業 <8155> (現在、株価が飛んでいてかなりリスクが高い)がある。また、NEC <6701> 系のNECネッツエスアイ <1973> 、安川電機 <6506> の持ち分法適用会社であるYE DIGITAL <2354> [東証2]などからも目が離せない。

2020年1月24日 記

株探ニュース

北浜流一郎

ズバリ株先見!
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 株価分析&投資戦術の手法とスタイル! (01/26)
  2. 加速する材料株、好業績&思惑満載の株高メガトレンド「特選5銘柄.. (01/25)
  3. 【植木靖男の相場展望】 ─ 新型肺炎もなんのその、首の皮一枚残すか? (01/25)
  4. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 合金さんの場合<第3回> (01/24)
  5. 今週の上方修正【大予想】 26社選出 <成長株特集> (01/26)
  6. 【本格化】する、来週の決算発表予定 キヤノン、任天堂、NTTドコモなど (1月27日~31日)
  7. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ イソライト (01/26)
  8. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 1月26日版(1) (01/26)
  9. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:新型肺炎の動向、主要企業決算、米FOMC (01/25)
  10. 今週の【話題株ダイジェスト】 川本産業、中京医薬、大日光 (1月20日~24日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月29日発表分) 注目
  2. 2
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):NTTドコモ、しまむら、ラクーンHD 注目
  3. 3
    今朝の注目ニュース! ★バイク王、グリー、NTTドコモなどに注目! 注目
  4. 4
    明日の株式相場に向けて=ドコモTOBの波紋、菅政権の“本気”を暗示 市況
  5. 5
    キャリアLは連日のS高カイ気配、デジタル庁とマイナンバーで株価大変貌 材料
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.