ログイン
2020年1月4日 9時00分
特集

武者陵司「令和の大相場始動シリーズ(5) 2020年世界情勢の鍵、4つのパラダイムシフト(前編)」 <新春特別企画>

●暗雲の消滅

2019年末にかけて、(A)米中貿易戦争休戦、(B)金融異常事態の安定化、(C)英保守党大勝によるBrexit(ブレグジット)の帰趨明確化、(D)ハイテク 5G関連投資の始動、など暗雲が一掃された。当然2020年世界景気拡大終焉説も退場した。(A)~(D)を詳細に検討すれば、いずれも歴史的大変化であり、しかも4つがそれぞれに繋がっており、米国のプレゼンスを高めるものであることが分かる。

●トランプ勝利の公算大

最大の懸念は米国大統領選だが、トランプ大統領再選の可能性が高いと考える。戦後現役大統領が再選を果たせなかったのは任期中リセッション、株安に見舞われたJ・カーターと、G・ブッシュ(父)のみであるが、トランプ氏はほぼ確実に不況・株安を回避できる。前回の選挙公約のほぼ100%を実現するという偉業を打ち立て、共和党内での圧倒的支持を確保している。対抗する民主党は候補乱立し政策は不安定で信頼性がない。

●巨額余剰資金は国債から株式へ

霧が晴れた市場で何が起きるか、カギを握るのは巨額の投資資金の行方である。悲観論者はこの巨額資金余剰をグローバルな過剰金融緩和の賜物で危険だとみているが、それは2020年の投資戦略策定に際しての致命的誤謬になる。

巨額資金余剰は、技術革新の結果高まった企業と家計の所得が、十分に需要に結びついていないことによって起こっている。この巨額の余剰貯蓄が経済の好循環に入れば、大いなる経済拡大と株価上昇が可能になる。2019年は巨額の余剰がグローバル国債投資に集中し、米英以外のすべての先進国金利をマイナスに陥れるという、異常な債券バブルを引き起こした。

しかし、景況の好転とともに国債から押し出される巨額資金は、株式へとシフトせざるを得ないだろう。ことに年前半は絶好のリスクテイク環境、人々の想定を大きく超える世界株高の公算が大きいと考えられる。想定外の株高という時には往々にしてパラダイムシフト(大局観の大転換)が起きているものである。以下新時代の構成要素となり得る、4つの柱について、説明していく。

(1)中国は韜光養晦路線へ回帰するのか、できるのか

●爪を露呈した習近平の失敗

習近平政権は世界覇権奪取の野望を一旦棚上げし、再度韜光養晦路線、つまり能力を隠して力を蓄える路線にシフトせざるを得ないだろう。香港区議会議員選挙における民主派勝利と米国での香港人権・民主主義法の成立により、香港への武力介入・制圧という選択肢はなくなった。香港は中国の外貨取り入れの窓口であり、その法治と民主を奪えば中国は直ちに外貨調達難に陥る。習政権の一国二制度と香港自治形骸化の試みは失敗した。民主派に譲歩して事態を沈静化させるしかないだろう。

●全面対決姿勢を露わにする米国

米中通商交渉でも習政権に猶予はない。中国は不公正な通商慣行を駆使し、過去10年以上にわたって米国GDP比2%という巨額の対米経常黒字(=所得移転)を享受し続けてきた。中国の経常収支は対米黒字約4000億ドル、非対米赤字約3500億ドル、合計500億ドルと極端な対米依存になっている。

中国を危険なライバルと認識し始めた米国は、新疆ウィグル自治区での人権侵害を理由に、世界最大の監視カメラメーカー ハイクビジョンなど8社に対する制裁を決めた。極めつけは5Gで世界最先端のファーウェイに対して、ドル使用を禁ずるなどの罰則を適用できるSDNリスト(敵性企業認定)追加を検討していることである。米国資産凍結、ドル使用禁止は1941年横浜正金銀行に対して取られた措置で、ドル調達ができなくなった日本を対米開戦に踏み切らせた劇薬である。

経済どころか安全保障、人権を根拠に中国を追い詰め始めた米国の全面対決姿勢に直面し、習近平政権はもはや頭を低くし米国と融和するしかないという事態に追い込まれたといえる。米中通商協議は中国の譲歩によって一時休戦となったが、中国の譲歩が単なる戦術ではなく戦略的なものだとすると、2020年の世界経済の暗雲は一気に吹き飛ぶことになるだろう。

●貿易休戦は中国側の一方的譲歩

12月の米中通商交渉合意は徹頭徹尾、中国の一方的譲歩によるものである。3次までの2500億ドル分の対中輸入25%関税は継続される。中国側が獲得した米国の譲歩とは、(A)4次の2700億ドル分のうち、すでに9月に発動されている1600億ドル分の15%を7.5%に引き下げること、(B)12月発動予定であった1100億ドル分の15%関税を棚上げすること、(C)3次までの2500億ドル分を25%から30%へと引き上げると恫喝していた追加制裁を見合わせること、の三つだけである。

米国側が一方的に引き上げたハードルをちょっと引き下げただけのことである。それとの見返りに中国は、知的所有権の保護、海外企業差別扱いの是正などに加えて、2年間で2000億ドルの対米輸入の増加を飲まされた。しかも、これは第一段階の合意であり、第二段階の貿易戦争開始、つまり再度の米国の対中要求が開始される可能性を受け入れているのである。これまでの中国の主張からすれば屈辱的ともいえるものであり、中国国内で合意内容の報道規制が敷かれたのは、当然であった。中国にとっていかに不本意な譲歩であったかを示している。

●韜光養晦路線に復帰する習政権、2020年は貿易戦争の嵐から、穏やかな海に

この譲歩は一時的に炎を鎮める戦術なのか、それとも中国の対米政策、世界戦略の抜本的変更なのかの見極めが重要であるが、戦略変更なのではないか。

武者リサーチは6月時点で、以下のように中国が一時退却戦略にシフトしつつあると分析したが、それは間違ってはいなかった。「2019年5月20日(中国共産党生誕の地かつ)長征の出発地である瑞金を訪れた習近平国家主席は『今こそ新たな長征に出なければならない』と国民に呼びかけた。これをもって中国の徹底抗戦の意思を示したと報道されているが、むしろ逆であろう。長征とは形勢不利の中で一旦退却し、持久戦に切り替えて耐え忍び反転攻勢に転じた故事である。それを引き合いに出した意味とは、一時退却の正当化準備と考える方が自然であろう。一旦撤退は、今山場を迎えている米中通商協議においても言えることである。」(ストラテジーブレティン227号、2019年6月18日)

中国の覇権国としての台頭を拒絶する米国の意思の強烈さが示され、徹底対抗する条件が整っていない中国は、再び頭を低くし、米国と融和する韜光養晦路線に戻りつつあると考えられる。となると、2020年は貿易戦争の嵐から、穏やかな海に戻ることになる。

(2)米英機軸の世界秩序再構築が始まるのか

●米英で登場した異形、同質の指導者

1980年代初頭のレーガン・サッチャー時代をほうふつとさせる、異形かつ同質の保守政党リーダーが、大西洋を挟んで再度登場した。トランプ米大統領、ジョンソン英首相である。12月のイギリス総選挙でジョンソン氏率いる保守党が1979年のサッチャー政権以来の大勝、過半数を獲得しBrexitが確実となった。トランプ氏はこれに最大限のエールを送った。両氏の性格、主張は驚くほど類似している。ポピュリストと形容されるが、経済合理性への信頼を強く持っており、左派の大衆迎合とは違う。(A)破天荒、常識・慣例に従わず、(B)利潤追求への忠誠・プロビジネス、(C)自由主義、規制緩和、(D)形式民主主義・理想主義に対する嫌悪、(E)国益重視、グローバル秩序の改変、(F)リフレ政策・財政均衡主義の拒否、(G)社会的弱者への共感、グローバル化の被害者に寄り添う移民抑制、貿易秩序の再構築・保護主義的外見、等である。

2016年にトランプ大統領が登場した時には、有権者の気まぐれにより歴史的検証に堪えない指導者が選ばれたとの酷評がメディア、論壇を埋め尽くした。しかし、相似形の指導者がイギリスでも誕生したとなると、それを単なる気まぐれや偶然の産物という侮蔑で片づけるわけにはいかなくなる。

保守党大勝により指導力を強めたジョンソン氏はBrexit(ハード、ソフトはともかく)の実現とともに、規制緩和、移民規制、財政需要拡大とリフレ政策、米国・旧英連邦諸国や日本などとのFTA(自由貿易協定)を推進し、トランプ大統領とともに、形骸化したグローバル秩序の再構築を打ち出すだろう。

●レーガン・サッチャーの保守主義革命の再来か、鍵は株価上昇の持続性にある

レーガン・サッチャーが1980、90年代の新自由主義、規制緩和の世界潮流を生み出したように、トランプ・ジョンソン連携が、新しい価値観をもたらし、行き詰まった形式民主主義の世界秩序を立て直していくかもしれない。米中の世界覇権をめぐる根底的対決が、米英主導で自由主義国家群を糾合させることになるだろう。両氏の格差より規制緩和・ビジネス優先に重きを置く政策は、時あたかも進行するデジタル・ネット産業革命と親和性が強く、株式市場はそれを歓喜で迎えると思われる。株高が2020年の世界景気回復を確実のものにすると考えられるが、そうなるとトランプ・ジョンソン両氏の保守自由主義思想が正当化され定着していくのではないだろうか。

1980年代初頭リベラル派から忌み嫌われたレーガン・サッチャーの登場が、新自由主義の一時代を形成し冷戦を終結させたが、その繁栄を担保したのが1980年から始まった株価の長期的上昇であった。米国株価(NYダウ工業株)は1980年の1000ドルから1999年の10,000ドルまで20年間で10倍(年率12%)の高成長となった。トランプ大統領とジョンソン首相の連携による保守自由主義の登場が株価上昇によって迎えられるとなると、それは世界経済の歴史に画期を記すものになる、という可能性が出てくる。

既存のメディア、専門家、知識人の射程の外で起きたトランプ・ジョンソン主義の台頭の背景には、形式民主主義に圧殺されそうになっている、個人と中小ビジネスの自由主義の擁護という側面が感じられる。戦後秩序の支柱となった形式民主主義の機能不全、その代表例として標的に上がっているものが財政緊縮主義、移民歓迎論、疑似政府機関(国連・WTO・ユネスコ・EU政府等)の非効率化、環境主義、Me Too運動などである。米国のPC(ポリティカル・コレクトネス)、韓国の反日種族主義、ESG投資の行き過ぎなどもその範疇になるのかもしれない。

<後編>へ続く

★元日~6日に、2020年「新春特集」を一挙、“26本”配信します。ご期待ください。

→→ 「新春特集」の記事一覧をみる

株探ニュース

武者陵司

ストラテジーブレティン
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 武者陵司「令和の大相場始動(4) 2020年、積極的に株式に向きあう年に」 (12/24)
  2. 伊藤智洋が読む「2020年マーケット・シナリオ」 <新春特別企画> (01/03)
  3. 富田隆弥のチャート倶楽部2020スペシャル <新春特別企画> (01/02)
  4. 中国4000年の実学「気学」で読む2020年相場 <新春特別企画> (01/03)
  5. 山岡和雅が“3つのキーワード”で読む2020年為替相場 <新春特別企画> (01/01)
  6. 新年お年玉「中小型材料株」有望テーマで探す大化け候補“特選7銘柄” <新春特.. (01/02)
  7. 北浜流一郎が斬る! 子年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  8. 杉村富生が斬る! 子年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)
  9. 雨宮京子が斬る! 子年「有望株!」 <新春お年玉企画> (01/01)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月29日発表分) 注目
  2. 2
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):NTTドコモ、しまむら、ラクーンHD 注目
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=ドコモTOBの波紋、菅政権の“本気”を暗示 市況
  4. 4
    今朝の注目ニュース! ★バイク王、グリー、NTTドコモなどに注目! New! 注目
  5. 5
    秋のIPO最前線を探る、10月も需給良好で株高人気継続へ <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.